スケジュール

タイムテーブル

8月31日(金)
三沢市長表敬訪問 8:45~9:15 会場:三沢市役所
対象者:地区役員・主管実行委員会
大会成功祈願 11:00~11:30 会場:氣比神社
対象者:地区役員・主管実行委員会
役員会議 13:30~17:00 会場:きざん三沢
対象者:地区役員
ウェルカムナイト 18:00~20:00 会場:きざん三沢
対象者:メンバー
ドレスコード:クールビズ
(バッジネームプレート、ジャケット着用)
9月1日(土)
ゼミナール委員会閉講式 10:00~11:50 会場:三沢市国際交流スポーツセンター
対象者:東北ゼミナール委員会
ドレスコード:クールビズ
MJFF(三沢ジャンクフードフェスティバル) 9:00~15:00 会場:航空科学館
対象者:メンバー・一般来場者
ドレスコード:クールビズ
大会受付 13:00~14:00 会場:三沢市国際交流スポーツセンター
対象者:来賓・メンバー
オープニングセレモニー 14:00~15:00 会場:三沢市国際交流スポーツセンター
対象者:来賓・メンバー
ドレスコード:クールビズ
(バッジネームプレート、ジャケット着用)
防災・減災フォーラム 15:30~17:00 会場:三沢市国際交流スポーツセンター
対象者:来賓・メンバー・一般来場者
入場無料
ドレスコード:クールビズ(メンバー)、カジュアル(一般来場者)
大懇親会 19:00~21:00 会場:航空科学館
対象者:メンバー
ドレスコード:カジュアル
9月2日(日)
地方創生フォーラム 10:00~12:00 会場:三沢市国際交流スポーツセンター
対象者:メンバー・一般来場者
入場無料
ドレスコード:クールビズ
クロージングセレモニー 12:30~13:30 会場:三沢市国際交流スポーツセンター
対象者:メンバー
ドレスコード:クールビズ
(バッジネームプレート、ジャケット着用)
記念撮影 13:30~14:00 会場:三沢市国際交流スポーツセンター
対象者:メンバー
ドレスコード:クールビズ
(バッジネームプレート、ジャケット着用)

 

 

会場マップ

 

オープニングセレモニー

日時 2018年9月1日(土)14:00~15:00
会場 三沢市国際交流スポーツセンター
次第
  1. 黙祷
  2. オープニングアクト
  3. 開会
  4. 日本国国歌吹奏
  5. 米国国歌吹奏
  6. 会長挨拶
  7. 来賓紹介
  8. 来賓挨拶
  9. 祝電披露
  10. オープニング映像
  11. 主管青年会議所理事長挨拶

 

地方創生フォーラム



 

モーリー・ロバートソン
国際ジャーナリスト
モーリー・ロバートソン 氏

1963年ニューヨーク出身。
日米ハーフとして生まれ、両国で育ち日本人としてと、アメリカ人としての両国の感性をもちながら、1988年に米ハーバード大学を卒業。その後DJやタレント活動、国際ジャーナリストとして多彩な才能を発揮しております。これまで培った多岐にわたる経験とグローバルな視点でこれからの日本のあるべき姿と地方創生のあり方をお話しいただきます
堀田 一芙
元 日本IBM常務取締役
オフィス・コロボックル代表
堀田 一芙 氏

1947年神奈川県出身。慶應義塾大学経済学部卒業。
IBM時代はDOS/Vの育ての親とも言われ、71歳になる現在も最先端のIT技術を手掛ける企業の顧問を務められる。2011年の東日本大震災を機に福島県の復興を実現するため、福島県に新しいビジネスを生むことを目的にオフィス・コロボックルを開設。2013年山形県高畠町にある廃校の活用方法を相談され「熱中小学校」プロジェクトをスタート。プロジェクトは多くの支持者の協力のもと全国各地に次々と姉妹校が開校され現在10校を数える。
民間主導の地方創生を作りだす観点からお話いただきます。
宮下 宗一郎
むつ市長
宮下 宗一郎 氏

1979年むつ市出身。東北大学法学部卒業。
35才の時に父親である前市長の急逝にともない帰郷され、立候補を決意。市長選では過去最多となる2万1844票を獲得し初当選を果たしました。ニューヨークでの領事の際にアメリカの自主性を重んじる市民協働の中で問題を解決していくことを学び、その経験を活かし、市民の声を柔軟に聞き入れた斬新なアイデアで市政に向き合われております。

 

防災・減災フォーラム

三遊亭 大楽
落語家
三遊亭 大楽 氏
高校時代はロックバンドのドラマー兼生徒会長。
大学時代もバンドを続け、太鼓の腕を磨きつつテレビ番組「風雲、たけし城」や「笑っていいとも」などに素人として出演。
その後、教員免許を取得するも、教職への道へは進まず。平成十二年三月 五代目三遊亭円楽に入門。
平成十五年三月 二ツ目昇進。平成二十一年三月 真打昇進。平成二十五年十月 青森県大間町の観光大使に就任。落語の他に講演、執筆、司会とマルチな活動もし、全国に大間をアピールしている。現在、故郷の青森を中心に活動をしている。
熊丸 由布治
株式会社日本防災デザイン CTO
(一社)災害対応訓練研究所 代表理事
熊丸 由布治 氏
1980年在日米陸軍消防署に入隊し、2006年日本人初の在日米陸軍消防本部統合消防次長に就任する。組織改編を含め、米国本土のスタンダードを取り入れることで組織の危機対応能力を向上させることに貢献。2007年には、全米陸軍大規模消防署部門で最優秀消防組織の栄誉を与えられる。2011年3月11日に発生した東日本大震災では、米軍が展開した「トモダチ作戦」で後方支援業務を担当。
現在は、日本防災デザイン CTO として、企業の危機管理コンサルや、新しい形の研修訓練の企画・実施を行う一方、「消防団の教育訓練等に関する検討会」委員、原子力賠償支援機構復興分科会専門委員、「大規模イベント開催時の危機管理等における消防機関のあり方に関する研究会」検討会委員、内閣府防災スペシャリスト養成研修講座講師、福島県救急・災害対応医療機器ビジネスモデル検討会委員、内閣府原子力総合防災訓練外部評価員、各県消防学校講師等の役職を歴任。